これを持っていると便利!夜行バス便利グッス

周りの情報を遮断するアイテムを用意

夜行バスは、夜に出発をして早朝などに現地に到着します。バスの中でどう過ごすかはそれぞれの自由ですが、あまり周りに迷惑はかけられません。多くの人は寝て過ごすでしょう。では寝るための環境が整っているかですが、バスによって設備が異なります。必ずしも寝られる環境とは限りません。便利なグッズとしては耳栓があります。周りの人が寝静まると基本的には音はしませんが、バスの音であったり他人のいびきが気になるかもしれません。それを遮断してくれます。その他にアイマスクも便利です。車内は暗くしてくれていますが、多少の明かりはあります。また、夏などは明るくなるのが早くて寝られないかもしれません。アイマスクがあれば明かりを遮断してくれます。

色々なタイプの枕やクッションを使う

夜行バスには多くのタイプがあり、高級なタイプだとほぼフラットになるくらいまで背もたれが倒せます。しかしそれなりに料金は高く、一般的には利用できません。通常は4列タイプの一般的な車両になるでしょう。この時に持っておくといいのがいろいろなタイプの枕やクッションです。中に綿の入ったタイプだとかさばるので使いにくくなりますが、空気を入れるタイプなら使わないときは畳んで置けます。カバンの隅などに入れて持って行けるでしょう。定番なのは首元に当てるタイプです。これによって首が固定されるので、寝る時の負担を軽減できます。腰の当たりに当てるタイプのものもあります。幾つかのサイズを用意しておくと、最適なものをチョイスして使えるでしょう。